釧路湿原の自然観察施設

温根内ビジターセンター 温根内ビジターセンター

釧路湿原の西側に位置し、身近に湿原の動植物を観察することができます。湿原と森の接点に位置する温根内ビジターセンターは、訪れる人々が四季折々にうつろう湿原について知ることができる情報ステーションであり、休憩や交流の場となっています。

塘路湖エコミュージアムセンター 塘路湖エコミュージアムセンター

塘路湖の南岸に設置された施設です。
館内には、湿原に立つ「ハンノキ」の木立をイメージした解説パネルで、湿原の生命の源である「水」をテーマに、様々な姿に形を変えて湿原を流れる水のようすと、釧路湿原の多様性に富んだ自然や動植物の姿などを紹介しています。

シラルトロ自然情報館 シラルトロ自然情報館

シラルトロ湖のキャンプ場内にある無人の展示施設です。樹脂で封入した動植物の立体標本などをもちいてで、釧路湿原やシラルトロ湖の生態系を紹介しています。
シラルトロ湖畔や蝶の森を散策した後は、観察した動植物などを展示物でもう一度、確認してみましょう。

細岡ビジターズ・ラウンジ 細岡ビジターズ・ラウンジ

釧路湿原を一望できる細岡展望台に隣接し、訪れた人々が気軽にくつろぐことのできる施設です。
館内には湿原の風景や花々の写真が飾られ、軽食や喫茶のコーナーがあります。また、お土産を買うこともできます。湿原展望の後にゆったりとした時間を過ごすことができます。

釧路湿原野生生物保護センター 釧路湿原野生生物保護センター

環境省の施設で、一般向けの展示施設と研究施設に分かれています。
展示施設では、シマフクロウやタンチョウなどの絶滅の恐れのある野生生物と湿地の生態系やその保護などについて、パネルやジオラマなどで紹介しています。

鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリ 鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリ

タンチョウとその生息地を保護するため設置された(財)日本野鳥の会が運営する施設です。
サンクチュアリの大部分の土地は、長年タンチョウ給餌人を務めた伊藤良孝氏から提供されたもので、その名がつけられています。

鶴見台 鶴見台

鶴見台はタンチョウの給餌場の一つで、タンチョウの姿を群れで観察することができます。
給餌は11月3月の冬期間、朝方と午後2時30分頃の2回行われます。