こどもレンジャー

こどもの視点で自然を考え、新しい発見を体験しながら創造と自立心を育成いたします。

こどもレンジャーとは、
「湿原の調査」をしたり、
「湿原を守るクリーンウォーク」
「湿原にくわしい人と意見交換」をします。

こどもレンジャーになるには、
1.釧路市、釧路町、標茶町、鶴居村に住む小学校4~6年生であること。
2.小学校卒業まで活動が続けられること。
3.活動時に保護者の送迎協力が得られること。

こどもレンジャー通信

クリックでPDFが開きます

こどもレンジャー活動風景

画像をクリックで拡大

ケガをしたタンチョウはどうなるの?

~動物園の獣医さんに学ぶタンチョウの今~

令和3年8月8日

9名のこどもレンジャーがファーストミッションに参加しました!
近年、個体数が回復している一方タンチョウの交通事故が増えていることなど、タンチョウの取り巻く現状を詳しく教えていただきました。

義足のタンチョウ「モモ」にも会いに行って、モモが牛に蹴られて脚を骨折してしまったこと、また義足は、歯医者さんが入れ歯を作るときに使う材料を使って飯間先生(講師)が手作りしていることを知りました。

タンチョウを捕まえている間、おとなしくしてもらうために特注のマスクやジャケットを使用します。

今回特別に、タンチョウを捕まえてこどもレンジャーのみんなの前に連れてきてくれました!

タンチョウの赤いところを触って、頭が皮膚であることを確認したり、タンチョウを持ち上げてみるなど、間近で生態を観察しました。

死んでしまったタンチョウの病理解剖をして死因を解明することも獣医さんの大事な仕事です。

今回は手術室、解剖室、解剖後のタンチョウが保存されている冷凍保管庫を見学して、死んでしまってもさまざまな研究や調査に使われるということを学びました。

タンチョウを取り巻く現状を学んで、私たちは何ができるでしょうか?
例えば…
・道路を横断しているタンチョウを見かけたら、車は徐行する!
・ゴミをポイ捨てしない!など…

これからも一緒に考えていきましょう!

ご参加いただいたこどもレンジャーのみなさん、ありがとうございました!

 特別ミッション夏 「めざせ湿原YouTuber!!」令和2年8月8日 ~編集動画~

フィールドワークの様子を各レンジャーが手分けして編集にチャレンジ!

ルートの観察ポイントで6つの動画に分かれています。ぜひYouTubeで通してご覧ください。

YouTubeサイト「釧路湿原こどもレンジャー」はこちら↓

https://www.youtube.com/channel/UCXcjhG50WefIfMnqybPFnPw/videos